メニュー

浮腫み、手足の冷え

こんな症状はありませんか?

浮腫み、手足の冷え

考えられる原因

閉塞性動脈硬化や深部静脈血栓などの循環器疾患、貧血、甲状腺機能低下、喫煙、内服薬、乳癌・婦人科癌術後

 

放置するとこんなことが

怖いのはやはり循環器疾患です。

閉塞性動脈硬化症は、脚の動脈がプラークや血栓で詰まる病気です。歩いてるとまもなくふくらはぎが重痛くなって歩けなくなり、止まると改善します。進行すると皮膚の色調が赤黒くなり、爪の血色も紫色になって、やがて壊死していきます。足の趾が壊死を起こしたら先ず持って片足は上の方から切断しなければ命取りになります。

深部静脈血栓症は、今度は脚の深いところにある太い静脈に血栓ができる病気です。血栓ができると血流と共にズルズルと心臓へ戻り、肺動脈へ流れます。肺塞栓症になると胸が痛み、酷ければ肺へ血流が途絶えて突然死に至ります。

 

医師からの提案

脚の冷えや浮腫みは、気になったら循環器専門クリニックでのチェックをおすすめします。

閉塞性動脈硬化症は糖尿病の方は要注意です。

深部静脈血栓症は長時間同じ姿勢にしてると起こりやすいので、1時間程度座って同じ姿勢をしていたら、屈伸とか少し動き回るとかすることをおすすめします。加えて水分補給も重要です。

循環器系疾患でなくても、乳がん術後には上肢に、婦人科がん術後には下肢に浮腫みが生じることがありますが、これらはリンパ浮腫と言ってリンパ節を摘出した方に見られます。こういう方には当院では医療リンパドレナージをご用意しています。

また、こういった病気がなくても運動不足で脚の筋力が低下したりしてリンパの流れが悪くなって起こっていることがあります。そういう場合には当院にはリンパドレナージの施術のご用意がありますので、とにかく浮腫みが気になったらどうぞご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME